落ち着いて撮影できる

着物での撮影は何かと大変

結婚式を和装で執り行いたい場合や、成人式に華やかな振袖を着たい場合など、憧れの着物を身に着けるシチュエーションは多いものです。せっかく憧れの着物を着るのですから、写真もキレイに残しておきたいところです。しかし、当日に写真を撮ろうと思っても、スケジュール的にゆっくり時間をとることが難しいこともあります。当日の天候や予定外のことなどで時間が無くなってしまい、撮影の余裕がなくなることもあるのです。洋装と異なり身軽に動きにくく、着付けも時間がかかる着物の撮影は何かと大変です。あわてて撮影すると思ったような写真にならないこともあります。だからこそ、前撮りでゆっくり時間をとって撮影することが重要になるのです。

余裕があればこだわりの撮影も可能

前撮りをするという事で時間的に余裕を持つことが出来れば、端に着物姿を撮影するというだけではなく、様々な面でこだわりを発揮して写真を残すことが出来ます。例えば場所を変更して写真を撮るという形です。思い出の場所や風景の綺麗な場所などで撮影すれば、より心に残る写真を残すことが出来るでしょう。そのほかにも、小道具などを使って撮影するという事もできます。スタジオなど万全の状態で撮影することが出来れば、よりきれいな状態で移すことも可能になります。晴れ着を身に着けて一生残る写真を撮影するのですから、ぜひ場所や撮影方法など細かいところまでこだわりたいものです。前撮りで余裕を持って、綺麗な今の自分をしっかり残していきましょう。